メニュー

名古屋市 緑区で 中学受験
高校受験・大学受験・内申対策なら
プロ講師による個別指導塾 Prax

ご質問。無料体験授業のお申込など、お気軽にご連絡ください(通話料無料)0800-200-8620

LINEで友達追加してお問い合わせ メールでのお問い合わせ

>>ブログトップへ

11月 27 2021

四谷大塚NETコース開講!

2022年2月から四谷大塚NETコースを開講致します。

 

<四谷大塚NETコース概要>

目標校:東海、滝、南山女子部

 

授業時間:週180分×5

 

テスト:週テスト・組み分けテスト・志望校判定テスト・合不合判定テスト

 

テキスト:予習シリーズ

 

特長

①プロ講師がマンツーマンで導入・解説致します。

②予習シリーズの全ての演習は塾内で完結。宿題は計算と漢字だけです。

 

11月 19 2021

南山高校学年8位!

おめでとう!!!

性別、学年は内緒です。(笑)

11月 14 2021

東京大学 英語 第4問(A)対策⑨

2002 4(A)

(2)by thinking let aloneに違和感が。(笑) not A let alone B なら「Aではない。ましてBでもない。」ですが、そのような形にはなっていません。let を除いて、by thinking alone とすれば、「考えることだけによって」となり、文意が通ります。

 

(3)不要語削除問題は巧妙に作成されていますので、私のような留学経験もない生粋の日本人は、「SVOC」「関係詞があれば先行詞」のように文構造を地道に確認しないと気付けませんね。”employs a mixed method in itself which we make a rough guess” は、”in itself”でそれ自体なのかと思いきや、その後に関係代名詞らしきwhichが、「あれ?先行詞がitself?」「???」「!」「we make a rough guess in a mixed methodか!itselfが不要なのか!」という具合です。

 

(5)副詞を<>でくくるって大切だなと改めて思いました。これ<>でくくってなかったからなかなか気づけませんよね。 know < for certain > even if it is going to~のように<>でくくってみると、if以下がknowの目的語の名詞節ということが明確になり、evenが不要とわかります。

(6)”rotate as possible pieces” このパターンは多いですね。つまり、受験生に馴染みの構文の一部を組み込んで(ここではas possible で受験生に馴染みの“as – as possible”を想起させ)正文のように思わせるパターンです。as – as possibleを想起したなら最初のasがあるのか、それで文意が通るのか確認が必要ですね。as – as possible でもなく文意も通らないので、 as が不要で、rotate possible pieces が正文でした。

 

(9)自動詞・他動詞、どちらもある動詞を文脈で判断させるというやや難レベルです。faceは他動詞だと「~に直面する、~に迫る」、問題文のように自動詞で face to だと「~の方を向いている」ですが、the problems facing to “pure thought” は、「純粋な思考の方を向いている問題」では意味が合わないので、to を除いて the problems facing “pure thought” 「純粋な思考に迫っている問題」とします。自動詞・他動詞で意味が異なることに加え、文脈からその意味の違いを汲み取って判断しなければならないのでなかなかの難問なのですが、何と某過去問題集では、「faceは他動詞であるからface Oで前置詞を必要としない」と言い切っています。(笑)

 

笑いごとではありませんね。実は、過去問題集を見ていますと、客観問題ですら、こういう解説が散見されます。ましてや記述問題おや(笑)。

英語・国語・日本史・世界史・地理について、過去30年分程振り返ってみたところ、記述問題の解答解説は???というものが結構な確率で存在することがわかりました。ひょっとして解答解説がよくわからなくて困っている東大受験生の皆さん、あるいは、間違った解答解説をそのまま覚えてしまっている東大受験生の皆さんがいるのではないかと思い、オンライン添削の案内をしてみた次第です。

東大過去問添削オンライン生募集!

東大の過去問を解いて、赤本、青本、大手予備校の解答解説を読んだ時、「えっ、これが正解?」と思った経験のある東大受験生の皆さん!

納得のできる模範解答を示した上で、東大過去問の攻略法、合格答案の作成法を伝授します。

公式LINEまたはjukucho@prax.jpまでお問い合わせ下さい。

11月 13 2021

東京大学 英語 第4問(A)対策⑧

2001 4(A)

(1)「数量詞+of+特定の名詞」という東大に限らずよくある正誤問題ですね。philosophersの前にtheをつけても正文になりますが、不要語を取り除く問題なので、ofを取り除きます。

 

(3)東大頻出の、文脈から判断してnotを取り除くパターンです。東大の正誤問題で否定語や準否定語が出てきたら、文脈に矛盾していないか要チェックですね。

 

(4)find O Cなので、areを取り除きます。決まった文型、構文の途中に不要な動詞が入れてあるパターンも多いですね。

 

(5)take an entirely different in view of philosophyは in に明らかな違和感が。(笑) このままだとtakeの目的語がありませんので、inを取り除きます。

 

(8)what it was meant by these answers これは東大に限らずよくある正誤パターンですね。第3文型の文の受動態でwhatが主語になっている形ですから、itが不要です。

東大過去問添削オンライン生募集!

東大の過去問を解いて、赤本、青本、大手予備校の解答解説を読んだ時、「えっ、これが正解?」と思った経験のある東大受験生の皆さん!

納得のできる模範解答を示した上で、東大過去問の攻略法、合格答案の作成法を伝授します。

公式LINEまたはjukucho@prax.jpまでお問い合わせ下さい。

11月 11 2021

東京大学 英語 第4問(A)対策⑦

2000 4(A)

 

(1)not much of a problem(大した問題ではない)。知らなくても、it is からの流れで not much 前置詞 of と不定冠詞の a とくっつくんだろうと考えれば、of a problem 。つなげて完成!ということでできなくはないですね。

 

(2)これも make do with ~で「~で間に合わせる」というイディオムだと知っていれば簡単ですが、知らなくても、with は ten players とつながるだろうから最後。have to はセットで、we’ll just have to だろうと考えれば、make do か do make の2択まではもっていけます。

 

(3)as involved as before in ですが、as ~ as の中に入りうるのが involved しかないのと、as ~ as before の形から、as involved as before がすぐに組み立てられます。そして、後ろが our decision making processes なので、その前に in を置くのは難しくないかと思われます。

 

(4)right in the middle of ですね。in the middle of は基本ですから、強意の副詞 right をどこに入れるかだけですね。文意からrightが「右」とか「権利」ではないのは明らかなので。このような強意の副詞がらみの問題は、東大の正誤・整序でよく見かけます。

 

(5)これは少し難易度が上がります。文意から、what you want を組み立てた上で、it is thatをどうするか。it is that=強調構文 → 疑問文なので is it that → 疑問詞 what は文頭へ。のように並べ替える感じですね。

 

 

東大過去問添削オンライン生募集!

東大の過去問を解いて、赤本、青本、大手予備校の解答解説を読んだ時、「えっ、これが正解?」と思った経験のある東大受験生の皆さん!

納得のできる模範解答を示した上で、東大過去問の攻略法、合格答案の作成法を伝授します。

公式LINEまたはjukucho@prax.jpまでお問い合わせ下さい。

 

 

11月 10 2021

東京大学 英語 第4問(A)対策⑥

1999 4

(A)主語=one wayで単数なので、動詞はwere ではなくwasですね。はたして、were直前のproblemsにつられる東大受験生はいるのでしょうか?

(B)appreciateは他動詞なのでappreciate itとしなければなりませんね。自動詞・他動詞の正誤問題は頻出です。

(C)himは代名詞なので、let in himではなく、let him in。高校入試レベルですね。

(D)their ability of usingは、名詞 of 名詞で間違えた受験生もある程度いそうです。their ability to useが正解、be able to ~とセットで覚えるやつですね。

(E)keep to runではなく、keep runningですね。keep ~ing=~し続ける。

(F)she is possble to ~ではなく、it is possible for her toですね。人を主語にしない形容詞の正誤です。convenient、necessaryも同類ですね。

 

 

<オンライン東大過去問添削生募集!>

東大の過去問を解いていて、赤本、青本、大手予備校の解答解説に???

と思った経験のある東大受験生の皆さん!
納得できる模範解答を示しつつ、合否を分ける答案作成法を伝授します。
教室は満席のため、オンラインのみ募集です。
jukucho@prax.jpまたは公式LINEからお問い合わせ下さい。

11月 09 2021

東京大学 英語 第4問(A)対策⑤

1998年

(1)asが理由を表す接続詞になるため、it is rising の is を補う。とか、(2)比較級 faster than ever beforeの than を補うというと、高校入試レベルですが、東大受験生だと知識がある分、簡単すぎると色々な可能性を考えて時間がかかるかもしれませんね。

 

(3)suggest S V のSが抜けています。主語がthe population of the worldだと確認して it を補う。直前のcalculationsを主語だと勘違いして theyを補うと×になるという問題でした。東大は試験時間がなくなって本文をよく読まずに解答すると引っかかるように作られている問題が多いですね。近年は問題量がかなり多く、時間に追われて本文を全部読めない受験生が多いようなので、この一見幼稚なひっかけが有効に機能しているように思います。

 

(4)is spread evenly と this unevenness の矛盾に気づけば、is not spread evenly だとわかります。近年も含め、文脈を踏まえて判断させる正誤が必ず出題されているのも東大の特徴です。

 

(5)~countries are Europe and Asia に違和感(笑)。~countries are in Europe and Asiaですね。

 

(6)「, ~ ,」なので、関係詞の非制限用法かなと予想がつきます。その後に、S+Vが出てくるので予想が確信に変わり、is の前にwhich入れて終了。この問題に8行分の解説を入れる青本ってすごいですね。

11月 05 2021

東京大学 英語 第4問(A)対策④

1997年 4(C)

(1)live on 自動詞だと「生き続ける」、他動詞だと「~を糧に生きる」。後者だと意味が通らないので自動詞。よって、itが不要。

 

(2)よくある正誤ですね。used to do「かつて~した」、be used to doing「~するのに慣れている」。文脈から前者なので、wereが不要。

 

(3)among othersなのかと思いきや、othersとthe ghosts of murderers or criminalsが同格になっており、othersを主語と考えないと文が成り立たないため、amongが不要。

 

(4)これは明らかに違和感があるので易しめですね。any human being「どんな人も」、moreが不要。

 

(5)これも文脈に対して、文意が完全否定になっていますからわかりやすいですね。neverが不要。prayerを、playerから連想して「祈る人」と訳す受験生が時々いますが、それだと文意が???で混乱しちゃいますよね。(笑)

 

 

<募集中!>
東大文理各科目の記述・論述問題で、
赤本、青本、大手予備校の解答解説に???と思った経験のある東大受験生の皆さん!
納得できる模範解答を示しつつ、合否を分ける答案作成法を伝授します。
教室は満席のため、オンラインのみ募集しています。
jukucho@prax.jpまたは公式LINEからお問い合わせ下さい。

11月 04 2021

東京大学 英語 第4問(A)対策③

1993年 2(A)です。手紙文完成という珍しい形式です。
どこまで補っていいのか今一つわかりにくいですね。 語群の順序を変えずに、一貫した内容の手紙になっていれば、名詞・動詞・形容詞・副詞も付け加えていいのか、時制に関わる部分、前置詞など最小限しか付け加えてはいけないのか。。。参考文からすると後者なのかもしれませんが、解答用紙の枠から判断しないといけませんね。

(1)I was so happy to get the present you sent. the present that you sent meでもいいんでしょうね。

(2)What a nice idea to send me a selection of CDs of Japanese singers!  selection CDsはおかしいのでofを補わないといけませんね。

(3)I enjoyed listening to them very much and so did my boyfriend. これはほぼそのままですね。

(4)He liked them so much that he took them home with him last night. so~thatを使わせたかったのでしょうか。

(5)I’ll be very angry if he loses CDs. 赤本は仮定法を第一に挙げていますが、手紙文の文脈から直接法の方が合うのではないかと思います。

(6)It is not possible to buy Japanese CDs in England except perhaps at some special shops in London. 普通につなぐだけでこの長さということは、解答欄の大きさから他の文も結構許容範囲が広そうです。

(7)I posted a present to you yesterday, but it will come by sea, not by air.  これもあまり間違えようがない問題。あえて言えば、toをforにしちゃうとかでしょうか。

(8)I won’t say what the present is so that it will be a surprise. so that は思いついても、theを忘れたりして。

 

東大文理各科目の記述・論述問題で、
赤本、青本、大手予備校の解答解説に???と思った経験のある東大受験生の皆さん!
納得できる模範解答を示しつつ、合否を分ける答案作成法を伝授します。
オンラインもOKです。
jukucho@prax.jpまたは公式LINEからお問い合わせ下さい。

10月 31 2021

東京大学 英語 第4問(A)対策②

次は、1992年 5(A)です。このころはまだ第4問ではないのです(笑)。

(1)deniedですね。これは簡単です。 deny that S V

(2)advised これまた簡単です。advise A to do。suggestを入れて間違えてしまった人もいるかもしれませんね。suggestはsuggest that S Vが基本で、suggest A to doの形はとりません。

(3)accused これまた基本です。accuse A of doing

(4)refused  基本的ですが、これは知識のある受験生ほど時間がかかりますね。declineは、不定詞OKだけど丁寧に断るニュアンスだから、この会話文には合わない。reject,rebuffは、ニュアンスは合うけど、不定詞だめのような感じで。

 

 

 

東大文理各科目の記述・論述問題で、
赤本、青本、大手予備校の解答解説に???と思った経験のある東大受験生の皆さん!
納得できる模範解答を示しつつ、合否を分ける答案作成法を伝授します。
オンラインもOKです。
jukucho@prax.jpまたは公式LINEからお問い合わせ下さい。

 

Next »

▲このページのトップへ戻る
プロ講師による個別指導塾 Prax(プラックス)
ご質問。無料体験授業のお申込など、お気軽にご連絡ください(通話料無料)0800-200-8620
PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
メニュー このページのトップへ