メニュー

名古屋市 緑区で 中学受験
高校受験・大学受験・内申対策なら
プロ講師による個別指導塾 Prax

ご質問。無料体験授業のお申込など、お気軽にご連絡ください(通話料無料)0800-200-8620

LINEで友達追加してお問い合わせ メールでのお問い合わせ

>>ブログトップへ

5月 16 2022

中3生、駿台模試で数学全国23位!

年明けから数学を頑張って来た成果がでました!

5月 13 2022

5月14・15・21・22日は「13時間」勉強DAY!

5月14・15・21・22日は、

9:00から22:00まで

13時間、開校します!

 

受験生も受験生でない人も、

勉強しまくりましょう!

 

限界を超えろ!!!

5月 06 2022

入塾予約受付中です!

入塾予約受付中です。

以下の項目について、

公式LINEまたは、jukucho@prax.jpまで

ご連絡下さい。

 

 

学年:

氏名:

学校名:

志望校:

ご希望のコース:

曜日:

時間:

 

 

準備が整い次第ご連絡させていただきます。

 

 

※電話は出られないことが多いため、

お手数ですが、

公式LINEまたはメールからお問い合わせ下さい。

宜しくお願い致します!

5月 01 2022

令和5年度愛知県公立高校入学者選抜方式

ようやく発表になりましたね。

 

校内順位の決定方式が、従来のⅠ、Ⅱ、Ⅲに加えてⅣ、Ⅴが追加されました。

 

Ⅰ :評定得点 + 学力検査合計得点

Ⅱ:評定得点×1.5 + 学力検査合計得点

Ⅲ:評定得点 + 学力検査合計得点×1.5

Ⅱ:評定得点×1.5 + 学力検査合計得点

Ⅴ:評定得点 + 学力検査合計得点×2

 

上位校ほど学力重視の傾向が強くなり、

面接はほとんどの学校でなくなりました。

以下、当塾からの通学圏内(塾生が在籍しているまたはしていた)の高校について、

校内順位決定方式と面接の有無について(面接があるところだけ)お知らせ致します。

 

Ⅴ:評定得点 + 学力検査合計得点×2

旭丘(普通)

明和(普通、音楽)

菊里(普通、音楽)

向陽(普通、国際科学)

瑞陵(普通、理数)

桜台(普通)

名東(普通、国際英語)

昭和(普通)

天白(普通)

名古屋南(普通)

一宮(普通)

刈谷(普通)

半田(普通)

五条(普通)

横須賀(普通)
松蔭(普通)

東海南(普通)

新川(普通)

熱田(普通)

(熱田がⅤにするとは。。。ちょっと意外でした。)

 

 

Ⅲ:評定得点 + 学力検査合計得点×1.5

千種(普通、国際教養)

(千種はⅤだと思っていましたが、まさかのⅢ。。。)

瑞陵(食物)

名古屋西(普通)

中村(普通)

大府(普通)

緑(普通)

富田(普通)

西陵(総合)

名古屋商業(商業)

 

Ⅰ:評定得点 + 学力検査合計得点

日進西(普通)

鳴海(普通)

豊明(普通)

東郷(普通)

大府東(普通)

東浦(普通) ※面接実施

旭丘(美術)

愛知商業(商業)

愛知総合工科(工業)

名古屋工科(工業)

桜台(ファッション文化)

大府(生活文化)

工業(工業)

工芸(工業)

 

Ⅱ:評定得点×1.5 + 学力検査合計得点

日進(普通) ※面接実施

若宮商業(未来ビジネス)

刈谷工科(工業)

安城農林(農業) ※面接実施

 

Ⅱ:評定得点×1.5 + 学力検査合計得点

田口(普通、林業) ※面接実施

 

 

 

4月 23 2022

毎日コツコツが最強

結局、

 

 

勉強でもスポーツでも、

 

 

毎日コツコツ積み上げられるかなんですよね。

 

 

 

 

「小さなことを重ねることがとんでもないところに行く ただひとつの道」

(イチロー:野球選手)

 

 

 

えっ、毎日コツコツ努力してるけど、伸びない?

 

 

いやいや

 

 

 

「努力すれば報われる?そうじゃないだろ。報われるまで努力するんだ」
(リオネル・メッシ:サッカー選手)

 

 

 

結局、そういうことなんですよね。

 

 

何事も。。。

 

 

 

「才能は有限、努力は無限」
(松山英樹:ゴルフ選手)

4月 11 2022

名古屋大学(名大)文系数学 出題傾向等

出題傾向

1997A

1.ベクトル:点の運動と重心の位置ベクトル

2.微・積分法:面積の最大値と接線

3.(a)確率:サイコロの目と期待値

(b)数と式:多項式が整数となる条件

1997B

1.確率:サイコロの目と期待値

2.微・積分法:面積の最大値と接線

3.(a) ベクトル点の運動と重心の位置ベクトル

(b) 条件を満たす行列

 

1998A

1.図形と方程式、微分法:放物線と直線の共有点、三角形の面積の最大値

2.確率、数列:点の移動の確率、漸化式

3.(a) 複素数平面:極形式、ド・モアブルの定理

(b) 行列:行列の漸化式

1998B

1.微分法:放物線に3本の法線が引ける点の位置の範囲

2.確率、数列:点の移動の確率、漸化式

3.(a) 複素数平面、三角関数:極形式、ド・モアブルの定理、半角の公式

(b) 行列:行列の漸化式

 

1999A

1.微・積分法:2次関数のグラフと直線とで囲まれる図形の面積の最小

2.確率・数列:ゲームでの得点推移の確率

3.(a) 複素数平面:複素数平面上の3点が正三角形をなす条件

(b) ベクトル:ベクトルに関する恒等式

1999B

1.微・積分法:2次関数のグラフと直線とで囲まれる図形の面積の最小

2.確率・数列:ゲームでの得点推移の確率

3.(a) 行列、数列:行列のn乗、数学的帰納法、漸化式

(b) ベクトル:ベクトルに関する恒等式

 

2000A

1.図形と方程式、積分法:放物線と直線が接する条件、面積の最小値

2.個数の処理、数列:不等式を満たす整数の組の個数、Σの計算

3.(a) ベクトル:三角形の面積、空間における直線と平面との交点

(b) 複素数平面:複素数平面上での正五角形の2頂点の中点

2000B

1.図形と方程式、積分法:放物線と直線が接する条件、面積の最小値

2.個数の処理、数列:不等式を満たす整数の組の個数、Σの計算

3.(a) ベクトル:三角形の面積、空間における直線と平面との交点

(b) いろいろな曲線:双曲線と直線の2交点の中点の軌跡

 

2001A

1.数と式、関数:二重に絶対値を含む方程式の解

2.微分法:3次関数のグラフに曲線外の点から引いた接線の本数

3.(a) ベクトル、図形と方程式:ベクトル表示された点の軌跡、放物線の接線

(b) 個数の処理:サイレンの音でつくれる信号の個数

2001B

1.数と式、関数:二重に絶対値を含む方程式の解

2.微分法:3次関数のグラフに曲線外の点から引いた接線の本数

3.(a) 行列、数列:行列で表現された連立漸化式

(b) 個数の処理:サイレンの音でつくれる信号の個数

 

2002A

1.数列:累乗根を含む式の大小比較、2項定理

2.図形と方程式、数列:2つの円に外接しx軸に接する円の列、連立漸化式

3.(a) ベクトル、図形と方程式:内積、媒介変数を2個含む点の軌跡

(b) 三角比:面積が一定の三角形の周の長さの最小限

2002B

1.数列:累乗根を含む式の大小比較、2項定理

2.図形と方程式、数列:2つの円に外接しx軸に接する円の列、連立漸化式

3.(a) ベクトル、図形と方程式:内積、媒介変数を2個含む点の軌跡

(b) 行列、数列:行列による点の移動、等比数列

 

2003A

1.ベクトル:角の2等分線、ベクトルの正射影

2.微・積分法:放物線と法線とで囲まれる図形の面積

3.(a) 数と式:自然数nと互いに素な自然数の個数

(b) カードを取り出す確率、確率の最大値

2003B

1.ベクトル:角の2等分線、ベクトルの正射影

2.微・積分法:放物線と法線とで囲まれる図形の面積

3.(a) 数と式:自然数nと互いに素な自然数の個数

(b) 行列、数列:行列を用いて表された漸化式で定義された点列

 

2004A

1.確率:サイコロの確率、数直線上の点の移動

2.微分法:3次関数の極大点・極小点を結ぶ直線の傾き

3.複素数平面:複素数列の漸化式、三角形の面積

2004B

1.確率:サイコロの確率、数直線上の点の移動

2.微分法:3次関数の極大点・極小点を結ぶ直線の傾き

3.(a) 複素数平面:複素数列の漸化式、三角形の面積

(b) 行列のn乗を、nを3で割った剰余で分類し求める

 

2005A

1.微・積分法:放物線と直線で囲まれる図形の面積、台形の面積、関数の最大値

2.整数、確率:対数を用いた整数方程式、確率

3.複素数:高次方程式の解、整数解

2005B

1.微・積分法:放物線と直線で囲まれる図形の面積、台形の面積、関数の最大値

2.整数、確率:対数を用いた整数方程式、確率

3.(a) 複素数:高次方程式の解、整数解

(b) 行列の成分計算

 

2006

1.図形と方程式、微・積分法:放物線と直線で囲まれる図形の面積の最小値

2.図形と方程式:線対称、点の存在範囲、直交条件

3.確率、数列:確率の漸化式

 

2007

1.平面ベクトル:3直線の交点が重心であることの証明

2.微・積分法:2つの放物線の共通接線、放物線と接線で囲まれた図形の面積

3.(a) 4次方程式、数列:4次方程式の解が等差数列をなす条件

(b) 確率、数列:確率の漸化式、数学的帰納法による予想の証明

 

2008

1.図形と方程式:与えられた2円に外接し直線に接する円

2.積分法、図形と方程式:不等式の表す領域、面積、領域と最大・最小

3.(a) 不等式、数列:不等式をみたす格子点(x,y)の個数

(b) 確率:より多くの赤玉を取り出すよう袋を選択したときの赤玉の個数の期待値

 

2009

1.空間ベクトル:空間における三角形の面積、四面体の体積

2.図形と方程式、微・積分法:円弧と放物線などで囲まれる図形の面積

3.確率、数列:さいころの出る目の積の確率漸化式

 

2010

1.図形と方程式:長方形の決定、長方形が円に含まれるための条件

2.微分法:2つのグラフの共有点の個数

3.確率、数列:確率漸化式と数学的帰納法

 

2011

1.微分法:3次方程式の実数解の個数

2.確率:玉を取り出す確率、余事象

3.図形と方程式:アポロニウスの円、共有点の存在条件

 

2012

1.図形と方程式:線対称、軌跡の方程式

2.確率、2次関数:確率、2次関数の最大

3.整数、数列:二項定理、割り切れることの論証、数学的帰納法

 

2013

1.確率、数列:確率、漸化式

2.三角関数、微分法:三角形の面積、微分法による関数の最大・最小

3.数列、整数:二項定理、素数、約数・倍数

 

2014

1.図形と方程式:平面幾何、平面座標

2.確率:場合の数、期待値

3.2次関数、積分法:線分の通過領域、関数の最大値、面積

 

2015

1.図形と方程式:点と直線の距離、三角形の面積と周長、最大・最小

2.確率:確率、推移図

3.数と式:高次方程式、無理数の計算

 

2016

1.2次方程式:ベクトルの直交条件、2次方程式の解の配置

2.確率、2次関数:組合せ、確率、2次関数の最大値

3.整数の性質:整数の素因数分解、整数の正の約数の総和

 

2017

1.微・積分法、2次方程式:3次関数の微分、2次方程式の解と係数の関係

2.確率、数列:確率漸化式

3.整数の性質:整数方程式、約数と倍数

 

2018

1.図形と方程式:不等式と領域、三角形の面積

2.整数の性質:整数の基本性質

3.確率、数列:確率漸化式

 

2019

1.微・積分法:3次関数のグラフと極値

2.数列、三角関数:連立漸化式、三角関数の2倍角の公式、数学的帰納法、三角形の面積

3.2次方程式、確率:2次方程式の解と係数の関係、整数、確率

 

2020

1.2次関数、微・積分法:2次方程式の解法、不等式、定積分の計算、最小値

2.ベクトル:平面ベクトル・空間ベクトルと図形、三角形の外心・重心

3.場合の数、数列:場合の数、組合せ、数列の和、素因数分解

 

2021

1.微・積分法:2つの放物線の共通接線、面積

2.対数関数、高次方程式:対数関数の性質、3次方程式の解と係数の関係、3次関数のグラフ

3.確率:確率の基本性質

 

2022

1.式と証明、微・積分法:3次式を2次式で割った余り、3次関数のグラフの利用

2.確率:サイコロを3回投げて出た目が条件を満たす確率

3.微・積分法:2つの放物線によって囲まれた面積

 

 

出題形式等

〇試験時間:90分

〇問題数:3題

〇解答形式:記述式

〇解答用紙:大問1問につきB4判大の用紙1枚

〇特記事項:数学公式集が配布され試験時間中に利用できる

〇頻出単元:確率、微・積分法、数列、図形と方程式、整数、ベクトル

4月 10 2022

失われた30年

OECDのデータから主要国の平均年収(一般労働者の平均賃金)について、

1991年と2020年を比較してみると、

 

1991年 → 2020年

日本=37,369ドル → 38,515ドル

アメリカ=47,293ドル → 69,392ドル

ドイツ=40,191ドル → 53,745ドル

イギリス=32,655ドル → 47,147ドル

韓国=22,790ドル → 41,960ドル

 

1991年の日本を100として比較(小数第1位四捨五入)してみると、

 

日本=100 → 103

アメリカ=127 → 186

ドイツ=108 → 144

イギリス=87 → 126

韓国=61 → 112

 

日本は30年で3%ですか。

さらに、この30年で消費税や社会保険料は増加しているので、

実質賃金ベースですと87程度になり13%ほど減少しています。

 

平均賃金がすべてではないし、

インフレ率など各国の事情はあるでしょうが、

それにしても。。。

 

失われた30年と言われる所以ですね。

 

かつて、社会学者エズラ=ヴォーゲルは、

著書「Japan as Number One: Lessons for America」(1979)の中で、

日本の高い経済成長の基盤になったのは、

日本人の高い学習意欲と読書習慣であると述べました。

日本人の1日の読書時間はアメリカ人の2倍であると。

 

学力についても、日本人の数学力はイスラエルについで世界第2位、

情報は世界7位だが、他の科学分野も世界2位か3位であると述べています。

 

高度経済成長期を現出した日本人、

団塊の世代の皆さんは、

米国の社会学者に注目されるほど、

勉強していたし、学力も高かった訳ですね。

 

 

この30年はどうでしょう。

「ゆとり教育」の影響もあり、

読書量激減、学力低下。。。

 

 

アメリカの市場調査機関のデータによる、

1週間の読書時間(活字媒体を読む時間)の世界ランキングでは、

 

1位 インド 10.7時間

2位 タイ 9.4時間

3位 中国 8時間

22位 アメリカ 5.7時間

29位 日本 4.1時間

 

だそうです。

成長している国は例外なく読書していますね。

逆に、かつてアメリカ人の2倍と言われた日本人の読書時間は、

0.7倍ほどになってしまっています。

 

 

昨年来、20年目の大変革として、

自塾の改革に取り組んでいますが、

実は背景に「失われた30年」に対する反省があります。

30年というのは、ちょうど僕が教育業界に身を置いた期間と一致するからです。

 

末席ではありますが教育に携わる者として、

読書時間の減少や学力の低下を一因とする、

「失われた30年」は何とかしなければならないと思っています。

 

4月 09 2022

2025年問題

皆様ご存知のように2025年から大学入試が激変します。

2025年ということは、

新高1の皆さんが受験する大学入試からですね。

 

決して大袈裟に言ってるのではなく、

文字通り激変なのです。

 

「情報」という科目が加わるからだけではありません。

 

たとえば新課程になって高校卒業時までに学ぶ英単語数は、

これまでの約3000語から約5000語に増加しました。

約1.7倍です。

語彙がこんなに増えたら、

英文のレベルが数段階上がってしまいますよね。

共通テストも二次私大入試も英語の難易度が、

数段階アップするのは必定です。

 

語彙だけでなく、

教科書も「英語表現」が「論理・表現」に変わりましたから、

内容面でも今まで以上に発信型の能力が重視されそうです。

 

共通テストの選択科目も大幅に変わります。

 

地歴公民は、

「地理総合・地理探究」

「歴史総合・日本史探究」

「歴史総合・世界史探究」

「地理総合・歴史総合・公共」

「公共・倫理」

「公共・政治経済」

の6科目からの選択になります。

 

まだ、詳細は発表されていませんが、

恐らく、国公立文系はこの中から2科目、国公立理系は1科目になるでしょう。

 

理科は、

「物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎」

「物理」

「化学」

「生物」

「地学」

の5科目からの選択になります。

理科基礎の場合は4科目セットで1科目の扱いです。

恐らく、国公立文系は、この中から1科目、国公立理系は2科目の選択になるでしょう。

 

数学は、
「数学Ⅰ」
「数学ⅠA」

「数学ⅡBC」

の3科目からの選択になり、

「数学ⅡBC」の試験時間は、

今年大幅に難化した「数学ⅠA」同様に

70分になります。

 

国語は「国語」ですが(笑)、

教科書に「論理国語」「古典探究」が加わり、

今年の共通テストのような複線型読解の形式で、

より難化すると予想されます。

 

つまり、2025年入試から、

 

入試科目が増えて、

入試問題はより難化・複雑化し、

高度な読解力・思考力・情報処理力が

要求されるようになる。

 

のです。

 

新高1の皆さん、高校受験お疲れ様でした。

では、そろそろ大学受験対策始めましょうか?

4月 07 2022

愛知県立中高一貫校入試対策

昨日、愛知県立中高一貫校を2025年4月から開校する方向で、

検討が進んでいるという報道がありました。

 

2025年4月というと新小4が中学に入学するタイミングということになります。

高校受験なしに明和・刈谷に進学できるメリットは非常に大きいですね。

 

人気の進学校ですからかなり倍率が高くなりそうです。

名大附の男子約7倍、女子約8倍以上になるかもしれませんね。

 

 

入試問題は、首都圏の公立中高一貫校や名大附の問題が参考になります。

おそらく私立中学入試とは異なり、

思考力・記述力を測る形式になるのではないでしょうか。

面接もありそうですね。

 

 

当塾では、

面接対策も含め過去16年にわたり、

公立中高一貫校入試対策を行ってまいりました。

そして昨年度から四谷大塚と業務提携し、

さらにパワーアップしております。

 

 

これまでの公立中高一貫校合格実績は以下の通りです。

 

 

東京学芸大附属国際中

東京学芸大附属世田谷中

名古屋大学教育学部附属中

弘前大附属中

 

愛知教育大附属名古屋中

愛知教育大学附属岡崎中

※愛教大附中は希望すれば附属高校に進学できますが、場所が離れていることと、附属高進学希望者の方が少ないという点で、厳密な意味での中高一貫校ではありません。

 

 

明和中、刈谷中を目指す新小4、新小3、新小2、新小1のみなさん!

当塾で入試に向けた勉強を始めてみませんか?

入塾予約受付中です。

公式LINEまたはjukucho@prax.jpまでご連絡下さい。

 

4月 04 2022

2022名古屋大学高校別合格者数ランキング(愛知県)ほぼ確定版

1.一宮 73名

2.明和 72名

3.岡崎 71名

4.向陽 69名

5.刈谷 64名

6.東海 59名

7.豊田西 54名

8.菊里 48名

9.旭丘 44名

10.時習館 41名

11.半田 39名

12.滝 34名

13.瑞陵 33名

14.千種 30名

15.岡崎北 26名

16.一宮西、西春 24名

18.西尾 23名

19.刈谷北 21名

20.南山 20名

21.桜台 18名

22.名東 17名

23.五条、名古屋 16名

25.愛知 11名

26.名大附 10名

27.旭野、横須賀、豊橋東 9名

30.昭和、豊丘 8名

32.春日井 7名

33.名古屋南、国府、中部大春日丘 6名

36.名城大附、豊田北、知立東 5名

39.中京大中京、大成 4名

41.津島、高蔵寺、一宮興道 3名

44.愛工大名電、安城東、豊橋南、西尾東 2名

48.名古屋西、海陽、金城学院、丹羽、成章、中央、常滑、愛知啓成、杜若、愛産大三河

Next »

▲このページのトップへ戻る
プロ講師による個別指導塾 Prax(プラックス)
ご質問。無料体験授業のお申込など、お気軽にご連絡ください(通話料無料)0800-200-8620
PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
メニュー このページのトップへ